<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

もっとここで勉強したい!-穂谷自然農園 訪問

さて最後の訪問、雨が強くなる中 穂谷自然農園さん を訪問しました。
コープ自然派も参加している小松島市にある有機農業サポートセンターでも
研修を受けられた大島さんが説明・案内くださいました。

穂谷自然農園は都市から近いという優位性を生かしていろんな野菜を栽培されています。
また都市から出る有機物(空港から出る廃棄物、豆工場のNG品など)の有効利用を目指され、
足りないミネラルを補足しつつ、植物がより吸収しやすい発酵プロセスを加えた肥料を作っておられます。
b0277522_17583579.jpg
年間40種類ほどの野菜を栽培されています。販売がある程度の期間になるように収穫時期をずらすようにして出荷しています、との説明を受けました。

b0277522_18020374.jpg
近隣のスーパーには特別コーナーを設けてもらっていて出荷する前の状況です、とのこと。

とにかくすごい雨だったのですが、特に地域資材を利用した堆肥の作り方はとても参考になったようです。
もっとここで勉強したいとの声が出ていました。実現するといいなあ~。

b0277522_18094507.jpg
もぎたてのトウモロコシの甘さにもびっくり、ご馳走様でした!大島さん、本当にありがとうございました!





[PR]
by takisalatiga | 2014-07-11 18:13 | イベント報告

農家が価格と売り方を決めるーじねんと市場訪問

農家が搬入、値段を決め、時には買い物客に商品の説明をする、
民間の産直市場 じねんと市場さん @伏見を訪問しました。

搬入に来られた農家の方にいろいろ質問したり、
京野菜や農家さんたちの顔写真が飾ってある壁のレイアウトに驚いたり。

b0277522_17232540.jpg
b0277522_17243728.jpg
農家の方は搬入した野菜に自分で値段を付けて値段シールも印刷されます。その様子をバックヤードで見せていただきました。
農薬の話になり、東ティモールでは農薬と化学肥料は政府が禁止しているという話に「日本ではまだまだヨーロッパで
禁止されているネオニコチノイドのような農薬が使われているのに・・・」と驚かれました。

b0277522_17273575.jpg
値段はどのように決めるのですか?という質問に「他の農家さんの商品と値段を見て決めます」というお答え。
若い農家さんのお話には興味津々だったようです。

じねんと市場の横にはじねんと食堂があり、市場の食材を楽しむことができます。おいしいランチに満足!

b0277522_17395640.jpg




[PR]
by takisalatiga | 2014-07-11 17:42 | イベント報告

マデイラさん、バリスタになる・・ダイイチデンシ訪問

京都にある株式会社 ダイイチデンシを訪問しました。
ダイイチデンシはカフェ対象に1キロまでの小ロット焙煎マシーンを作っている会社です。

焙煎職人さんの技は何年も修行しないとものにできないとよく言われますが、
このダイイチデンシさんのマシーンはスイッチ一つで50もの焙煎プログラムの中から
選ぶことができ、ボタンスタート後5分程度で焙煎は出来上がります。

焙煎されていく様子が外からよくわかって本当に楽しいマシーンです。

スタートボタンを押すところからコーヒーを入れてみるところまで
体験させていただきました。

b0277522_17052460.jpg
マデイラさん、すでに巨匠の表情です。

b0277522_17104557.jpg
ダイイチデンシでは
「エチオピアのコーヒーや他の産地のコーヒーもそのおいしさが認識されれば買い取り価格も跳ね上がる。
ぜひ頑張ってください!」
と励ましの言葉をいただきました。ありがとうございました!










[PR]
by takisalatiga | 2014-07-11 17:13 | イベント報告

国立総合地球環境学研究所でのシンポジウムに参加

7月2日には京都にある地球研で
食の倫理的なトレード・消費者・連鎖の実現に向けて
‐生産者、認証機関、販売者、消費者で考える‐
に参加しました。当日は研究者やNPO,コーヒー関係者など40名もの参加がありました。

まず初めに3名が生産者として他の参加者から質問を受けました。
アディーノさんが
「今までフェアトレードという言葉はよく聞いていたけど、初めて今日わかった気がします。こういうフェアトレードは何か、
というイベントは東ティモールでも行うべきだと思います」
と発言されました。

3名のゲストスピーカーがおられましたが彼らにとっては特に京都のチョコレート屋さん Dari K の吉野さんが言われた
「生産者が自分で価格を決められるようにする」というのが心に残ったようです。

イベントの最後の方でアディーノさんが
「農家からの買い取り価格が一キロ2ドル70セントなのに 首都であるディリのいいホテルでは
一杯4ドルで売っています。これはフェアトレードですか?」
と質問する場面がありました。

もし農家の皆さんが対等に買い上げ業者と交渉して価格を決めていると思っていたら
恐らくこういう質問は出ないのではという気もします。

とにかくこれまでを振り返ることもでき、いろんな立場の人たちが一堂に会して
話せたという貴重な機会となりました。

b0277522_14565646.jpg
お骨折りいただいたスティーブン・マックグリービーさん、阿部健一先生、ありがとうございました!





[PR]
by takisalatiga | 2014-07-11 15:06 | イベント報告

コープ自然派 連合への視察

東ティモールには生活協同組合というものがまだありません。
だから今回 生活協同組合、つまり消費者と生産者が直接つながりよりよいものを目指す、
というところを皆さんにも知ってもらいたいと思っていました。

そして連合とセットセンター、稼働したばかりのパン工場の見学、が実現。
また小松島市にある有機農業サポートセンターから講師をお招きして
元気な土から元気な野菜ができる、では元気な土にするには?という話もしていただきました。

この視察を通して コープは組合員が望む商品を一緒に作っていくいうこと
そして生産者との顔が見える関係を基本にしているということ、
土壌についても表年裏年(たくさん取れる年とたくさん取れない年を繰り返す)問題も解決可能だということ(日本ではミカンで解決実績あり)特に心に残ったようです。

b0277522_14123178.jpg

生協とはどんなところか、民間企業との違いは何かについて説明を受けました。

b0277522_14191610.jpg

セットセンターでは-30度を初体験!(熱帯から来た3名には驚愕)

b0277522_14214064.jpg

ベントさんが東ティモールのコーヒー栽培の取り組みについて発表しました。

b0277522_14275145.jpg

土壌分析がなぜ役立つのか、を熱心に聞く3人。小松島から来てくださった中村さん、ありがとうございました!

b0277522_14284678.jpg

記念撮影!
[PR]
by takisalatiga | 2014-07-11 14:40 | イベント報告

ハマヤ 関西工場見学

改めて 今度は店舗ではなく、株式会社 ハマヤ 関西工場を コープ自然派の組合員と一緒に見学しました。

彼らにとってはとにかく今まで見たことのないような大きなコーヒー工場だったそうです。

衛生管理の厳しさにもびっくり。
全身白づくめになり、エアルームで埃も落とすとは・・・・。(By 東ティモール人談)

周囲の環境に配慮して焙煎の香ばしい香りも巨大な脱臭装置で取り除き、
屋上は緑化されていました。

今回はハマヤ 佐戸会長様のおかげで
じっくり工場も見学させていただき、
またカッピングも組合員とさせていただき、
おまけに昼食までごちそうになりました。

「今まで見た中で一番大きくて、きれいで進んでいる工場だ!」というのが
三人の感想。ぜひ 村に戻ったら村の皆さんにもお話してほしいです。

b0277522_16213590.jpg

まずは会長様にご挨拶。会長、本当に本当にありがとうございました!

b0277522_16471463.jpg

ここまできれいにするのかあ!!!?

b0277522_1649189.jpg

マデイラさん、真剣です!

b0277522_1625372.jpg

なんだか照れくさい3人です(笑)。

b0277522_16314546.jpg

最後にみんなで写真撮影!

ハマヤの皆様、コープ自然派奈良の組合員の皆様、東ティモール応援チームの皆様、
本当にありがとうございました!
[PR]
by takisalatiga | 2014-07-10 18:15 | イベント報告

リアル東ティモール生産者と生協組合員との交流 @ カフェ かもの子

月ヶ瀬健康茶園さんでの実りある視察の後、
郡山市内で東ティモールコーヒーを扱っている
カフェ かもの子 さん 

コープ自然派奈良の組合員、そしてカフェの常連さんと
ケーキと東ティモールコーヒーを飲みながらの交流会となりました。

東ティモールという国を初めて聞かれた方、
これまで関心を持ってくださっていた方、

組合員にとってはどんな人たちがコーヒーを作っているのか、
東ティモールの人たちにとってはどんな人たちが買って飲んでくれているのか、
顔と顔が見える生産者と組合員の関係を謳う生協でも
海外の生産者と直接顔突き合せる機会は貴重です。

まずは東ティモールを知っていただくことから。
ただでさえ総人口130万人くらいの国ですから
3人もまとめて!日本でリアル東ティモール人と会えるのは稀有。

どこにあるの?→ オーストラリアの上、インドネシアの東の端、時差なし。
政治的に今は安定してますか?→ はい、今は安定してます。
有機のコーヒーは何パーセント?→ 化学肥料・農薬は国が禁止しており 
                 そもそも もともと使ってないので100%有機です。

b0277522_17225110.jpg


などなどいろんな話が飛び交いました。
ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!

b0277522_17241042.jpg

かもの子 マスター様 おいしいケーキに東ティモールの国旗まで、ありがとうございました!
[PR]
by takisalatiga | 2014-07-08 17:37 | イベント報告

東ティモールは最先端! お茶農家さんとの交流

月ヶ瀬健康茶園 岩田さんご一家にもお世話になりました。

岩田さんは自然循環、昔ながらのお茶栽培、山のものは山へ返す、
自分たちの体にとってすっと馴染むそんなお茶を目指されています。

b0277522_1544922.jpg

岩田さんの熱い説明にも「僕はコーヒーのことしかわからないから」と遠慮していたマデイラさん。

b0277522_1585844.jpg

ふわふわな土づくりの苦労を聞いてベントさんと確認しあうマデイラさん。

b0277522_15264421.jpg

「僕は岩田さんのことを誇りに思う」と実は東ティモールも同じ自然循環農法のアディーノさん。
(どうしても縦になりません・・・ごめんなさい)

b0277522_15165474.jpg

質疑応答も尽きませんでした・・・。

岩田さんからは 日本酒やワインの現場など全く違う種類のものが新しい何かに
繋がるのではないか。木を相手にする農業は先祖の素晴らしいものを次世代以降に
引き継ぎ、自分の代では成果は確認できないかもしれない仕事である。
お茶は生産、加工、企画販売、喫茶に至るまで一貫して携われ、
自分たちの思いが表現しやすい作物。コーヒーも似ているのでは?

と多くの示唆に富んだ言葉をいただきました。また彼らのコーヒーが在来種で、
シェードツリーの下にコーヒーの木を植えるやり方が素晴らしいと評価いただき、
彼らの自信にもつながったのではと思います。

地域にあるものでできるだけ省力化する最先端の技術追及、お茶の作り方など
ぜひ学びたいという声が出ていました。
[PR]
by takisalatiga | 2014-07-07 15:37 | イベント報告

自分たちのコーヒーと日本で再会する

りそなアジアオセアニア財団から助成を得て
NPO法人 平和環境もやいネットとコープ自然派奈良が協同受け入れし、
ピースウィンズジャパンはじめ多くの皆様の支援、協力、ご理解を得て
実施しました招聘プログラム、無事終了いたしました。

全員が初めての日本。村からですらあんまり出たことない農家さん。
いったいどんな心境なのか、想像することすら日本に住んでいると困難です。

東京でも東ティモールから送り出したコーヒーを見た農家代表マデイラさん、
NGOベテラン現場スタッフ、ベントさんとアディーノさ
でしたが

関西に移動して、株式会社ハマヤの絶大なるご厚意とご協力で
近鉄阿倍野店地下一階のハマヤ近鉄阿倍野店で
3名は自分たちが東ティモールから送り出したコーヒーと遭遇いや、再会いたしました!

どんな人が飲んでくれているのか?値段はいくらなのか?
サービスする方にもどこの国のコーヒーが売れているのか?などの質問をしていました。

b0277522_1423464.jpg

株式会社 ハマヤの社長様と名刺交換!

b0277522_14241964.jpg

売ってる!東ティモールコーヒー!

b0277522_14262449.jpg

こんな風にこんな人たちが売ってくれているのか・・・!

b0277522_1427722.jpg

自慢のコーヒーだっ!

b0277522_14294293.jpg

社長様、課長様、ありがとうございました!最後は敬意と感謝のタイス(東ティモールの伝統的な織物)贈呈です。
[PR]
by takisalatiga | 2014-07-07 14:49 | イベント報告