東ティモール行ってきました!その5

リアラウという集落に行きました。
ここでは40家族が暮らしているそうです。

スリ・スワレスさんと話しをしました。
東ティモールどこでもそうだそうですが、
ここリアラウでも昨年の4分の1ほどの収穫だとか。

b0277522_1241284.jpg

豆を入れる袋を入れ替えるため、シートの上で作業する準備中。(アライさん提供写真)

スワレスさんの話しだと集落周辺ではさつまいもと菜っ葉くらいしかとれないそうです。
近くに小学校はあるけれど、中学校は徒歩で山を越えて通わないといけないとか。

今まで大きな組合に売っていたけれど、
日本のピースウィンズの人たちの話しを聞いて
とてもいいと思って今では他と取引しないんだ、と話してくれました。

「日本の団体に売るとこうしてあなたみたいに日本人も時々来てくれるしね!」
とちゃめっけたっぷりのスワレスさん。

b0277522_1241254.jpg


ここでは子供たちも興味津津で待ち構えていて
メッセージシートは大人気!一瞬でなくなりました。

b0277522_1241380.jpg


遠い国日本の人たちがこの村のコーヒーを飲んでいる・・・・。
不思議で確かな感じがしたんじゃないかと思います。

村の人たちにとっては直接買い上げてくれる人たちの顔は見えていても
最終的に遠い日本で消費者としてコーヒーを飲む人たちがいることは
あんまり想像していなかったんじゃないか、と思います。

また私たちも遠く東ティモールにいるこの人たちが
コーヒー作ってくれなければ日本で飲むことができませんが
どんな人たちが作ってくれているのか、あんまり考えないなあと思います。

b0277522_1241377.jpg


日本からキャンディーをもっていって皆さんに配ったんですが、
包み紙をそのまま捨てていて・・・・。
ドライバーのジョンさんが黙々と拾ってくれていました。
私も一緒に拾ったんですが、
申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

最近まで何かを包むといえばバナナの葉っぱなど
土に帰るものばかりだったので捨ててよかったんだと思うんです。
日本から余計なもの持ってきてしまったと反省しました。
b0277522_1241372.gif

[PR]
by takisalatiga | 2011-08-05 11:08


<< 東ティモール行ってきました!その6 イベント告知 9月3日土曜日1... >>